婦人科:外陰部の病気

ここでは、当院で多い感染症の病気を中心にご説明します。

細菌性膣炎

卵巣機能低下、持続する出血、過度の性的刺激、膣内の異物や免疫力低下によって、一搬細菌が増る値する非特異的膣炎と真菌(カンジタ)、トリコモナス、クラミジア、淋菌などの特異的な膣炎に分けられます。症状は、帯下(おりもの)の量の増加、臭い、色の変化、膣内のかゆみや痛み、外陰部のかゆみ、下腹部痛等さまざまです。診断は、内容物の視診、鏡検、培養等によって行います。治療は、原因となる菌によってさまざまなお薬を使用しますが、内服薬と膣剤による治療がほとんどです。

下記に特量的膣炎の代表的なものの説明をします。

老人性膣炎

エストロゲン分泌の低下により、膣上皮の萎縮とPHの上昇により腸内細菌の混合感染を認めます。抗生剤の投与が基本で、特にホルモン剤の投与が行われます。

膣腫瘍

膣の腫瘍は極めてまれです。以下に代表的なものを説明します。

a)尖圭コンジローマ
HPV6型等の悪性度の低いHPV(ヒト乳頭腫ウイルス)によって引き起こされる。乳頭状、鶏冠状の腫瘍です。ほとんどが無症状で、検診等によって偶然発見されることが多い。冷凍治療やレーザー治療が行われます。


b)扁平上皮癌
膣の悪性腫瘍は、婦人科の悪性腫瘍の1〜2%以下で閉経以降に多いのが特徴的です。症状は、性器出血、帯下が主症状で、疼痛、排尿困難、頻尿などである。診断は視診にて比較的容易ですが、組織診にて確定します。治療は放射線治療と手術で、予後はあまり良くなりません。


ホームからの位置

  1. ホーム
  2. 外来 (はじめての方へ)
  3. 婦人科
  4. 膣の病気

固定メニュー

  • ご挨拶・院長プロフィール
  • 外来 (はじめての方へ)
  • 性病科
  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 診療時間と休診日
  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • ED治療/バイアグラ、レビトラ、シアリス処方
  • ピル処方
  • わずか15分でわかるHIV(エイズ)検査
  • わずか15分でわかる梅毒、B型肝炎、C型肝炎検査
  • 早漏(PE)治療

ご連絡

診療/処方は03-5458-1860までお問い合わせください(平日10:00〜19:00受付)