婦人科:子宮体部の病気

子宮内膜炎

子宮内に何かしらの原因があり、炎症をきたす疾患をさします。一般に成熟女性では、頚管粘液の存在と月経周期にともなう内膜の剥奪と再生のため、内膜に感染症は起こりにくいと考えられています。

原因と分類

a)産褥性
胎盤、卵膜の遺残、子宮内処置によって子宮口からを通じて膣から上行性感染が起こり発症するものです。原因菌としては、連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌、腸球菌、嫌気性菌などが考えられます。

b)非産褥性
内膜生検、卵管造陰、IVD挿入などの子宮内処置後に生じる場合や性交渉により、いわゆるSTD(性感染症)としての淋菌やクラミジア感染に伴い発症する場合があります。また、腹膜炎から下行性に感染が内膜に波及する場合や頚癌、体癌、頚部円錐切除後など狭窄、閉要によって起こる場合もあります。

臨床症状

発熱や下腹部痛、帯下の増加、臭気、不正出血など様々な症状が出現します。

検査と診断

既往歴の聴取、子宮内容腋の培養による菌の検出、内診により子宮体部の圧痛の確認、経膣超音波検査による子宮内液体貯留に伴う内腔拡張、クラミジア感染の場合には血清価の測定等により診断が可能です。

治療

急性期には原則として、ペニシリン系、またはセフェム系の抗生物質の投与が必要です。重症例では、入院、抗生物質の点滴投与が必要なこともあります。淋菌、またはクラミジアが起因菌として考えられるいわゆるSTD(性感染症)の場合は、テトラサイクリン系、マクロライド系が望ましい。また、症状が軽快しない場合、培養検査の結果、薬剤感染性テストの基づいて抗生物質の変更を考えます。

子宮筋層炎

子宮内膜炎がさらに深部の子宮筋層に波及して生じる炎症の病気です。子宮内膜炎と合併して子宮内膜筋層炎となるものも少なくありません。子宮内膜炎より、より下腹痛と発熱が亢進して、内診によっては、より著明な体部の圧痛を認めます。

治療

基本的に内膜炎の治療とほぼ同様と考えてください。
詳しくは内膜炎のページを参照してください。


ホームからの位置

  1. ホーム
  2. 外来 (はじめての方へ)
  3. 婦人科
  4. 子宮体部の病気

固定メニュー

  • ご挨拶・院長プロフィール
  • 外来 (はじめての方へ)
  • 性病科
  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 診療時間と休診日
  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • ED治療/バイアグラ、レビトラ、シアリス処方
  • ピル処方
  • わずか15分でわかるHIV(エイズ)検査
  • わずか15分でわかる梅毒、B型肝炎、C型肝炎検査
  • 早漏(PE)治療

ご連絡

診療/処方は03-5458-1860までお問い合わせください(平日10:00〜19:00受付)