婦人科:卵管卵巣の病気

付属器炎(卵巣炎・卵管炎)

上部性器の中で最も炎症を起こしやすいのは卵管です。卵管炎は、隣接する卵巣や卵管間膜、およびその他の骨盤腹膜に波及することが少なくありません。この様な卵管、卵巣、およびその周辺組織の炎症を総称して付属器炎と呼んでいます。

症状

a)急性期
下腹部の激痛(圧痛、自発痛)、発熱(38度以上)、悪寒、戦慄、悪心、嘔吐などが見られます。また、帯下の増加、性器出血も見られることがあります。この時期は、疼痛が強いため、内診による診察が困難であることも多いです。

b)悪急性期
熱は37度台になり、自発痛や圧痛もこの時期になると軽減しています。この時期に内診すると、圧痛のある付属器部の腫脹を触知します。なお、腫大した付属器は、ゆ着のため可動性が制限されていることが多いです。

c)慢性期
解熱し、腹膜刺激症状は、ほとんど消失して局所的に軽度の痛みが認められるのみである。特に重要なのは、クラミジア感染症の場合は、急性期から悪急性期、そして慢性期といった過程をとることなく、最初から慢性の型をとることも多く、このため自覚症状がほとんど認められないことが多いという点である。

付属器炎による合併症

卵管内膜炎により卵管が閉塞して、卵管不妊症となる場合があり、重要視されています。また、卵管●の閉塞により膨大部に炎症性浸出液が貯留し、このことにより留水症や留膿症、留血症といった症状を引き起こします。なお、クラミジア感染症の場合は、卵管そのもののゆ着による閉塞は少なく卵管采周囲ゆ着の型をとることが多く、このことがクラミジア感染による不妊症の原因と考えられます。

治療

急性期には絶対安静とし、抗生剤、鎮痛剤、解熱剤の投与を行います。しかし、急性期にて何種類かの抗生物質を使用しても症状が軽減しない場合には、手術による病巣摘出、あるいは排膿処置が必要となります。また、慢性の経過を取りやすいクラミジア感染の場合には、血清抗体価の測定値を参考にしながら、テイラサイクリン系やマクロライド系などの抗菌剤を少なくとも2週間以内投与することが望ましいとされます。


ホームからの位置

  1. ホーム
  2. 外来 (はじめての方へ)
  3. 婦人科
  4. 卵管卵巣の病気

固定メニュー

  • ご挨拶・院長プロフィール
  • 外来 (はじめての方へ)
  • 性病科
  • 泌尿器科
  • 婦人科
  • 診療時間と休診日
  • 交通案内
  • お問い合わせ
  • ED治療/バイアグラ、レビトラ、シアリス処方
  • ピル処方
  • わずか15分でわかるHIV(エイズ)検査
  • わずか15分でわかる梅毒、B型肝炎、C型肝炎検査
  • 早漏(PE)治療

ご連絡

診療/処方は03-5458-1860までお問い合わせください(平日10:00〜19:00受付)